• リノベ見積もりシミュレーター
  • 物件紹介
  • 資料請求お問い合わせ

ブログBLOG

  1. HOME
  2. > ブログ
  3. > 「花 火」・*:・:・゚・:※

2018.07.31 [ ブログ ]

「花 火」・*:・:・゚・:※

コンニチハ!畑中です。

 

土曜日の夜、今年度、口開けの花火大会に行ってきました。子供の頃から「花火」が大、大好きで、多い時は年に4、5回行ってます。

冬の花火もいいですが、私は夏が好きです。

花火カスがかかる位、真直、直下で観るのが一番なので、28日は3時間前から「場所取り」で今回も無事、ビューポイントを押えました。

 

19:00頃にはご覧のような賑わいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

浴衣の女性も風情があっていいです。嫁さんはおばちゃんのかっこですが・・・

 

打上げ、仕掛け、水中花火は流行もあり少しずつ変化をしてますが、笛状にピューと打ちあがりドンッと金環が開いて一瞬で消えていく物や、

光と同時にジャッジャッと音がする物。グルグル四方八方に飛び散り消えていくもの、ニコちゃんマークが浮き上がったりで、

短い時間ですが、光り輝いて、はかなく消えゆく物悲しさもあり、あぁ夏だ!という思いが沸いてきます。

 

 

 

私は金の尺玉で、金色の粒子が長く滝の様にダラダラ流れるの(ちゃんと長い正式名称がありますけど。)が一番好きで見応えがあります。

芦屋は二会場に分かれてあるのですが、どちらもいい塩梅で観れる場所は限られます。私はナイアガラのある河口口で酒やつまみで待ちながら観賞します。

ナイヤガラはクライマックスですが数年前は途中で切れたこともあり、毎年「今年は大丈夫かいな・・・・」と少しハラハラ、ドキドキです。

 

 

関門も行きたいのですが、過去渋滞の中、辿り着けませんでした。人、車、場所、混み具合が芦屋は「丁度いい」のです。

 

後、祭りやイベントでマナーの悪さをいつも感じますが

 

  ①花火の時に前に立つと見えませんっ!

  ②自分の食べた受け皿や箸、空き缶は捨てずに持って帰りましょ。

  ③ディレクターチェアの人が居ますが、後ろの人は見えにくいですよ。 

  ④動物はビックリするので連れてこないで下さい。

 

を守って、楽しく観たいですね。ヾ(゚Д゚ ).

 

今年は後、何回いけるか、出くわすか!o(○´ω`○)o

 

 

★★★北九州市のこだわりリノベーション・リフォームなら★★★

株式会社ディック
福岡県北九州市八幡西区鷹の巣1-10-21
TEL 093-642-8181
お問い合わせは https://duc-re.jp/contact/