• リノベ見積もりシミュレーター
  • 物件紹介
  • 資料請求お問い合わせ

コラムCOLUMN

  1. HOME
  2. > コラム
  3. > コラム7:リノベ見積シミュレーターの使い方

2017.12.13 [ コラム ]

コラム7:リノベ見積シミュレーターの使い方

皆さんは、当HPの「リノベ見積シミュレーター」を使ってみましたか?
このページは「リノベーションに興味はあるけど、一体どのくらい金額がかかるかわからない」というお客様に、

おおよその予算の目安を立てていただくために用意したものです。
ゲーム感覚で、ぜひ一度お試しください!

 

専有面積を入力する

 

まず【専有面積を入力してください】の欄で、専有面積の平米数を入力します。
そうはいっても、自分に必要な住まいの平米数って、わからない方も多いですよね?

 

リビング・ダイニングがどのくらいの広さかによって前後しますが、一般的に
1LDK 20~50平米
2LDK 50~60平米
3LDK 55~70平米
4~5LDK以上 70~100平米
を目安に考えていただくと良いと思います。

 

例えば「部屋は2つあれば十分だけど、LDKは広めの方がいいな」という場合は、
60平米ぐらいを目安に考えるとして、【60】と入力し、[シミュレーションする]のボタンを押します。

 

 

フローリングや設備の仕様を、自分の好きな仕様に変えてみる。

 

ここでは、先ほどの平米数に沿って「現在のお見積り総額」が表示されています。
このプランは、ディックがとりあえずの目安として設定したプランを含んだ工事総額になります。

 

その内容は [このプランに含まれる仕様を見る] の項目を押してみると、フローリングや設備がどのようなものを選択してあるかがわかります。
(あくまで目安の基本プランなので、ディックがこの製品だけをイチ押ししているわけではありません)

 

ここで [オプションを選択する] の項目を押すと、
それぞれ [フローリング] [建具・クローゼット] 等の枠があるので、
標準プランのままにするか、他の仕様にするか、○ボタンをチェックして変更してみてください。
選んだ製品によって、総額金額が上下するのがリアルタイムで反映されます。

 

ちなみに、あくまでシミュレーターとして代表的な製品や仕様をピックアップしていますので、実際には幅広いメーカーの製品を取り扱っていますので、ご安心を。

 

 

物件購入予定ならその金額を [B]物件価格 に入力してみる。

 

もし物件購入をご予定ならば、その物件価格を [B]物件価格 に入力してください。
すでに持家があれば、この欄は0円のままで。
また、購入希望物件がまだ決まってない方は、ご予算の想定価格を入れてみると良いかと思います。

 

 

最終見積り金額がわかる!

 

最終見積り金額が 「現在のお見積もり総額」 欄に表示されていますので、確認できます。

 

なお、このシミュレーターは、誰がこれをやってみたのかなど、ディックに何の通知もないシステムになっています。
(判るのは、何回ぐらいシミュレーターのページが見られているか、くらいですね)
なので、遠慮なく何度でも、お試ししてみてくださいね。

 

もちろん、その上でこの試算を基に、リフォームやリノベーションの

ご相談いただけると本当にうれしい限りです(^^)

 

また、ここではシステム上、1件まるごとをフルリノベーションした場合の

試算しか出ませんが、部分的なリフォームも承っております。
ちょっとの範囲だから、と遠慮されず、お気軽にご相談くださいね。

 

 

■ディックHP会員登録(無料)はコチラから!

 

★★★北九州市のこだわりリノベーション・リフォームなら★★★

株式会社ディック
福岡県北九州市八幡西区鷹の巣1-10-21
TEL 093-642-8181
お問い合わせは https://duc-re.jp/contact/